2016年06月13日

いると考える

外交部(外務省)の洪磊報道官は16日の定例記者会見で「南中国海問題におけるクウェートの姿勢表明について日本は『添加物』を投入し、世論を惑わそうとしており、最終的に識者の物笑いになるだろう」と表明した。新華社が伝えた。

クウェートのアルジャーララ外務副大臣は15日「クウェート政府は第7回中国―アラブ諸国フォーラム閣僚級会議の『ドーハ宣言』における南中国海についての立場を支持する。中国は国連憲章の原則および国連海洋法条約をに基づき、関係国との協議を通じて問題を処理していると考える」と表明。「南中国海問題におけるクウェートの立場に関する日本紙の報道は事実と異なる」と述べた。

共同通信社によると、日本の安倍首相はクウェートのジャービル首相との会談後「東中国海と南中国海の現状を一方的に変える中国のやり方は、東アジアの安全保障環境を厳しくしている」との認識で一致したと述べた。

これについて洪報道官は「われわれは最近日本外交が新たな産業を生み出しつつあり、つまり『添加物』を生産して他国の姿勢表明に投入していることに留意している。こうした『添加物』は嘘を原料とし、捏造を手段とし、世論を惑わすことを目的としているが、最も重要な成分である誠実・信用を欠いている。こうした『添加物』は最終的に偽物で質の悪い物として処分され、識者の物笑いになるだけだ」と述べた。



Posted by 何をしたか思 at 11:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
最近のコメント
QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
何をしたか思